強迫性障害は無意味だと思っていても同じ行動を繰り返してしまう病気

強く感じる不安

うつむく女性

人によって凄く不安になることは、誰でも経験することです。しかし、この不安感を常に感じている人もいます。
そういった人は、強迫性障害という病気にかかっている可能性が高いです。この病気は、常に強い不安感とこだわりを感じながら生活することになります。
その為、そこまで気にしなくていいことに対して異常だと感じるほど反応してしまい、何度確認しても不安な気持ちが収まらないということが起こります。

例えば、家の玄関の鍵はちゃんと閉めたのか?と心配することは誰でも経験するでしょう。ですが、強迫性障害の人は常に気になってしまい、鍵がかかっていると確認しても何度も確認します。
何度も確認しても安心はできませんので、常に不安や心配だと感じている状態となってしまいます。
他にも、手を何時間も洗い続けることもあります。これは、手が汚いということで洗ってもまだ汚いと思ってしまうことがきっかけです。
これは、潔癖症なのでは?と思うかも知れませんが、この行為も強迫性障害の症状になります。
この場合、何時間も洗い続けてしまったり、アルコールなどで消毒を何度も行なってしまったりという状況が起これば、手荒れが酷くなります。
そうなれば、生活に支障が出てしまいますし、周りから見ても異常だと判断されてしまうでしょう。ですから、もし自分がこういった行動を行なっているかもしれない、こういった行動を行なっている人がいるというのなら強迫性障害にかかっている可能性は高いです。