強迫性障害は無意味だと思っていても同じ行動を繰り返してしまう病気

強迫行為

女性医師のカウンセリング

強迫概念と強迫行為は、二つの症状が起こって強迫性障害となります。
では、強迫行為とはどういった行動を行なってしまうのか気になるでしょう。
この行為には、大きく分けて『確認強迫』と『洗浄強迫』の二種類になります。

確認強迫は、鍵はちゃんと閉めたのか、コンロの火は消したのか、電気のスイッチは消したのかなどといたことが気になって仕方ないことです。
通常の人間は、こういったことが気になっても一度確認すれば満足できます。しかし、強迫性障害の人は何度確認しても繰り返し行なったかどうかを確認してしまいます。
その行為を繰り返し行なっても、不安な気持ちが無くならないのでちゃんとできているといっても安心できないのです。
この行為が不合理だと頭で理解していても、繰り返し行なってしまうので周りから見れば心配性というよりも異常な行為を行なっているように見えます。

洗浄強迫は、不潔なことに対して恐怖してしまうことの為に行なう行為です。
これは、手洗い、部屋の掃除、シャワーの利用など普段から行なうことに対して異常なほど長く繰り返し行なうことになります。
この行為は、潔癖症だと思いますが、これも強迫性障害の一つになります。こういった行為を何度も行なってしまうことは、肌荒れや時間を無駄にしてしまいます。
それに、生活に支障が出てしまうので周りに迷惑をかけたり、嫌な思いをさせてしまったりすることがあります。

このような行動は、強迫概念を打ち消す為に行なう行為になります。ですから、この二つはセットで起こる症状になりますので心当たりがある人は病院へ行ったほうがいいでしょう。