強迫性障害は無意味だと思っていても同じ行動を繰り返してしまう病気

病気と気が付きにくい

頭を抱える男性

誰でも、『玄関の鍵をかけ忘れたかもしれない』や『お鍋の火を消し忘れているかもしれない』という不安は経験します。
ですが、一度確認したら大体の人は安心します。このように考えられるのは、一般的な人になります。
しかし、強迫性障害の人は何度も確認しても安心できないので、外出することに対して億劫になります。それに、仕事でも集中して働けないので周りの人達に迷惑がかかってしまう厄介な病気です。
ただ、この病気はこれほどの症状が起こっているにも関わらず、自分が強迫性障害だというのに気がついていない人が多いのが現状です。
それに、日本ではまだまだ患者数が少ない為、病院で治療を受けている人は少ない状態となります。
どれほど少ないのかといえば、欧米では病院へ通う人の割合で言えば、9%ほどの患者が強迫性障害で悩んでいる人と言われていますが、日本では多くても4%前後しかいないという状態です。

このデータは、強迫性障害で悩んでいる人が少ないというのではなくて、この病気だと気がついていないという人が多いからです。
こういったことは、人によっては自分の性格の問題だと思っている人が多くて、病院へ行くという選択肢がありません。
その為、日本ではまだまだこの病気の認知度は低くので、性格の問題として受診を我慢しているといるのではと思われています。
ですから、少しでもこの病気かもしれないと思った時は、病院へ行ってみて下さい。この病気は、治療を受けると治せる病気です。
自分だけで悩みすぎずに、病院へ行って積極的に治療を受けてみるといいでしょう。そうすれば、不安感や強いこだわりに悩まされない快適な生活を過ごすことができます。